大手の物流企業らは、COVID-19による危機が訪れた際に、社員と彼らが業務を行うコミュニティの健康と福利を確保する一方で、迅速かつ決然と行動を起こして短期的に安定した戦略を提供する必要がありました。

そのため、多くの物流企業はテクノロジーを取り入れて、通常のビジネス環境を考え直さなければなりませんでした。これは、労働力をすみやかに大規模なリモート勤務に移行させることから、不確実なあらたな市場の状況に業務を適応すべくリアルタイムのデータを活用することに至ります。

興味深いことに、多くの企業は想像していた以上にはるかに速くデジタル化を進めたと考えています。パンデミックで企業は積極的にデジタル変革を加速し、当初数年かかると思っていたものを数カ月で実装しました。

しかし、単に速く移行したいだけでは十分でありません。実は、最も成功している国際物流企業らは頑丈なデジタル基盤をすでに確立していたため、有利な立場で容易にCOVID-19に対応することができました。

では、成功している物流企業はどのようにテクノロジーを使用して、ビジネスおよびグローバルサプライチェーン全体に強靭さ、敏捷性、柔軟性をもたらしているのでしょうか?

多くの企業にとっては、次の3つのステップが重要です。: 簡素化する合理化するそして 柔軟に最適化する

1. 単一のプラットフォームソリューションを使用して業務を簡素化する。

相互にやり取りしない複数のシステムを使用した継ぎ接ぎの手段に依存していることは大きなリスクです。 なぜなら、まったく異なるシステムでコストがかかる、あるいは安全性がないシステムを使用すると、複雑でどうしてよいか分からなくなり、業務を加速したり革新したりすることができないためです。

異なるソフトウェア・システム間やオペレーター間でのデータの手動入力や転送は時間がかかり、情報を再入力する度にエラーの可能性が高まります。特に、言語、法律、地域的な違いがある場合はなおさらです。 

CargoWiseのような単一プラットフォームの物流ソリューションを使うことは、誰もが同じデータベースを使って作業を行うことになり、仕出地で入力された情報は直ちに仕向地でも利用可能になります。

たとえば、発注書がオペレーターにより入力されたり、顧客あるいはサードパーティからEDI経由で受信された場合、CargoWiseが適切なユーザーにブッキング依頼を自動通知し、そのユーザーは詳細を確認し、もっとも効率的な出荷方法とスケジュールを決定できます。                   

これは業務効率を加速し、データ再入力によるエラーの可能性を低減します。また、バイヤーとサプライヤーは常に貨物のステータスを通知されるので、すべての関係者間での共同作業が可能となります。

2. 高度な統合により、顧客、パートナー、サードパーティのネットワークとのやり取りの仕方を合理化します。

グローバルに分散したサードパーティの代理店ネットワークと連携することは、物流企業の運営に重要なことですが、ありがたいことに、さまざまなソフトウェアシステムを使用した継ぎ接ぎの手段に依存してビジネスを行う時代は過去のものとなりました。 

複数のグループの人々が異なるシステム、ロケーション、言語、通貨で作業する場合、可視性が大幅に低下し、ミスが多いシップメントデータや時間のかかる手作業で、その場対策を立てることになりかねません。

CargoWiseの高度な統合インターフェースで、単一のグローバルプラットフォームから社内または外部の関係者と同時にデータ交換やステータス更新を行うことができます。

米国から英国へのフォワーディング・シップメントを例にあげます。CargoWiseを使い、米国ACE申告書に入力されたデータを再利用して、英国のさまざまな部門が通関準備を開始することができます。

また、米国の輸出チームが輸出書類の作業をしている間に仕出地で選択されたスケジュールに基づいて、現地の配送計画を事前に立てることができます。これにより、プロセス全体が合理化されると同時に、タスクや重要な作業工程を追跡し続けることができます。

同時に、CargoWiseの統合された請求機能は、関係各社やサービスの支払いに関するすべてを追跡し続け、VATからGSTなどの地域のコンプライアンス、そして、プロフィットシェアのようなすべての契約事項に対し正確な料金を適用します。

3. 安全で信頼の置けるクラウドテクノロジーにより 柔軟に、そしてグローバルに最適化でき、ビジネスの継続性を促進します。

大規模なリモート勤務への移行に対処する一方で、物流企業には、顧客にサービスを提供する新しい方法に適応しなければならないという益々のプレッシャーがかかっています。そのため、厳しい隔離規制とロックダウンが敷かれている場合は、アクセスできない自社内のソフトウェアシステムを使用している企業はいくつかの課題に直面することになります。

CargoWiseのクラウドテクノロジー を使うと、単一の安全で中央化されたロケーションから確実にデータにアクセスできるため、国際物流企業は複数のプラットフォームを実行する必要がなくなり、データの再入力や面倒なその場対策に頼る必要が軽減されます。

不確実な時代には、当社のクラウドベースの使った分だけ支払うトランザクションモデルは非常に貴重で、物流企業がシステム使用件数と収入への一時的で予測不可能な変化に対して確実に支出を最適化できるようにします。

さらに、費用のかかるオンサイトのスタッフを配置する必要なくアップグレードやクラウドベースのソフトウェアへのパッチの展開が行えるため、予想外のコストのかかるダウンタイムを排除できます。

CargoWiseをさらに詳しく知る